紫外線を防ぐケア商品としては、やはり日焼け止めを一番に思い浮かべる人が多いでしょう。

天然成分が多く含まれているものが肌に優しいので、お勧めです。

そしてSPFやPAについての知識は、日焼け止めを選ぶ時に必要なものになります。

SPFというのは、サンプロテクションファクターの略です。

これは紫外線のUBVをカットする力を指します。

20分程度何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍にするかという目安なのです。

SPFが高いほど安心というように思う人は多いようです。

海や山に行くから日差しが強いので、SPFが高いものを選ぼうと思う人がいますが、それは間違いです。

あくまでも時間が関係しているのです。

長い時間に海や山に行くという場合にはSPFが高いものを選ぶと良いでしょう。

PAについては、プロテクショングレイドオブUVAの略です。

紫外線UVAの防止効果を表すものです。

4段階に分かれているのですが、日常的に使用するのなら++が最適でしょう。

それ以外にも紫外線を防ぐBBクリーム、CCクリームなどがあります。

日傘やサングラスなどを使用することも、紫外線対策になります。

髪に対しても、紫外線を守るようなシャンプーやコンディショナーもありますので、試しに使用してみるといいですね。