紫外線は、近紫外線のUV-AとUV-B、そしてUV-Cがあります。

他には、遠紫外線や真空紫外線、極端紫外線があります。

人は紫外線に長時間あたることにより、皮膚や目、そして免疫系に対して疾患を引き起こすこともあるのです。

大気を透過しないのは、UVCです。

でも、このUVCにおいては、過去はほとんど気にされていませんでした。

ところがこれはエネルギーが高いので、UVAやUVBよりも、かなり危険ということになります。

そういった危険性を理解しながら紫外線対策をする必要があります。

紫外線に対して人間が一番気にするのは、皮膚に対する影響ではないでしょうか。

皮膚の加齢やダメージ皮膚がんへのリスクというものもあります。

では日焼けサロンではどのような光が使われているのでしょうか。

メインとしてはUVAです。

でもその時に皮膚に対して老化が促進してしまっていることを、知らない人は結構多いです。

日焼けサロンで日焼けをしてカッコ良くなりたいと思う男性は多いのですが、それなりのリスクがあることを理解しておいた方が賢明でしょう。

ところが紫外線が全て悪いものではなくて、例えば精神病の治療にも使われることがあるのです。

こういった治療にはUVAとUVBの紫外線が使用されています。