紫外線アレルギーという症状があります。

日光を浴びることで、肌に湿疹が出たり肌が赤く腫れたりしてきます。

かゆみを帯びることもあります。

症状が悪化した場合には、水ぶくれになったりしますので、侮れない症状と言えるでしょう。

子供の頃には、紫外線を浴びてもそのような症状は出なかったという人でも大人になってから紫外線アレルギーになる人もいます。

抗体がある量を超えると、紫外線アレルギーになります。

でもそれがどのくらいの量なのかは、個人差がありますので、はっきりした量が分かりません。

同じ量の紫外線を浴びていても、紫外線アレルギーになる人とならない人がいるということなのです。

ではなぜ紫外線アレルギーが起こるのでしょうか。

それは服用している薬が原因ということもあります。

もしくは、使用している日焼け止めの成分が原因ということもあるのです。

そう考えると、服用する薬や使用する日焼け止めについて、しっかりと把握をしておく必要があります。

そして日焼け止め選びについても慎重にすることが重要です。

説によっては、遺伝が関係しているということもあります。

そして女性の方がなりやすいというようにも言われていますので、特に女性は紫外線をあまり浴びないようにした方が賢明かもしれません。